ショーンハークネス プロフィール

1994年にバーモント州バーリントンからニューヨークへ移ってから間もなく、ニューヨークの音楽シーンで活躍し始める。現在はブロードウェイやテレビ、そして映画などで活躍するシンガー等と共演するギタリストとして知られている。ソロ・アーティストとして、そしてジャズ、ロック、フォーク、ブルース、R&Bなどジャンルを問わずあらゆる音楽のサイドマンとしても彼は今や、国内外問わず数多くのアーティストと共演し、作品制作に携わり多彩な活動を行っている。

日本にとても親しみがあり、2000年にニューヨークで行われた小椋佳氏のアルバム「Debut」DISC1 ニューヨーク偏のレコーディングに参加、2002年にはブロードウェイ・ミュージカル「スィング!」日本全国公演のため初来日を果たす。2004年、沖縄の「りんけんバンドのリーダー、照屋林賢氏と出会い、りんけんバンドのオリジナル曲をソロ・ギターでカバーしたアルバム「URAKAJI」をリリース、来日の際は日本で活躍するミュージシャンたちとの交流もとても楽しみにしている親日家である。

受賞

  • 2011年Bistro Award Outstanding Instrumentalist賞

  • 2014年Broadwayworld Cabaret Award Best CD Release賞

  • MAC Awards Awards [Manhattan Association of Clubs and Cabarets] 助演者、ソロライブ、カナダ人でトランペット演奏者Mike Herriot氏と共演を果たしたデュオCDの3つの賞

契約

  • Walden Gutarsの2011年と2012年のカタログの表紙に起用。

    同社から彼自らがデザインした12-String, も販売されている。

  • 2012年にはCabaret Scenes Magazineのカバーに登場、現在はDR Handmade Strings、George L.’s Cables, D-Tar Pickup Systemsと契約している。

Promo video: http://vimeo.com/98289320

Contact:

h/o 1.201.239.1428

m 1.917.805.9230

sean@seanharkness.com